ゆるゆる稼いで生きる「ぐぅたらいふ」
「無意味な人生」と就職面接官に笑われた僕が自身の月収を超えた月23万円をPC一台で稼ぎ出し自由を手にしたブログ 僕が今までの経験をもとに作り上げ、現在44人が実践中の月収10万円講座は↓から手に取ってみてください。
アフィリエイト

グーグルアドセンス審査で不合格にならない通過方法とブログの構築手順

Pocket

こんにちは、コーイチです。

今回のこの記事は2019年現在に通用するGoogleアドセンスの審査突破方法について解説していきます。

グーグルのアドセンス審査は僕がアドセンスを始めた2016年頃から本当にガラッと変わりってしまい適当では合格しづらくなっていて僕の周りでもグーグルのアドセンス審査に苦しんでいる話もよく聞きます。

僕が始める前師匠に聞いた時は無料ブログを構築し適当に内容もかなりしょぼい500~600程度の文字数で記事を5つくらい書いておくことで合格できたそうです。

でも今はどんなことをしてもそんなブログでは審査を合格することはできませんし、以前よりもハードルは確実に前よりも複雑に上がっています。

「えぇ…じゃあもう無理じゃん」

と、速攻で諦めたりしないでください(;´Д`)

またグーグルアドセンスについての記事は僕のサイト以外にも数多く存在しますが「検証や想像はできるが実際確実なルールはGoogleしかわからない」のが実情です。

「ええ??じゃあなんでこんな記事書いてんの?koitiさんの記事も正しくないの?」

 

そう言われれば正直に答えるほかなく実のところ100%正しいとは言えません、何故なら繰り返すようですが「検証や想像はできるが実際確実なルールはGoogleしかわからない」ですが正しくなれるように正解を求めて100%を追い求めていくことはできます。

では早速やっていきましょう。

グーグルアドセンス審査で気をつけること

今現在は無料ブログでは申請不可

これは僕も引っかかったというか実際にやってしまったことなんですが2018年になってから無料ブログによるグーグルアドセンス申請はできなくなりました。

(無料ブログ2つ作って両方アドセンス申請不可ということを知ってだいぶ凹みました)

なのでアドセンス申請する場合はXサーバーなどでサーバー契約をして、独自ドメインを取得してワードプレスで申請する必要があります。

独自ドメインって何?っていうと例えば『https://◯◯◯.jp』の◯◯◯の部分のことですね。

僕のブログのhttps://koitiafi.net/でいえばkoitiafi.netの部分が独自ドメインになります。

ちなみにサブドメインやサブディレクトリのアドレスも審査に通すことができません。(サブドメインとは、独自ドメインをさらに分割して利用できるドメインのことを指します。 1つのドメインを目的別や用途別に分けて利用する際に使用されます。)

サブドメイン⇒『◯◯◯.□□.com』
サブディレクトリ⇒『◯◯◯.□□.com/△△』

ざっくり言うと「独自ドメインを新しく取らないと申請は無理ってことです」

また、現在グーグルアドセンスには一次審査や二次審査という概念もなくなったので、審査から合格までのルートは一本化されました。

AdSenseプログラムポリシーと禁止コンテンツについて

AdSenseプログラムポリシーとアドセンス禁止コンテンツはしっかりと確認しておきましょう。

違反すると僕の周りでも食らった人がいますが最悪アドセンス広告を停止されます。

最近だと重大違反だと警告なしで取り消し貰ったりするので確認は重要です。

AdSenseプログラムポリシーとは

Google公式のAdSenseプログラムポリシーには、これからアドセンスを使用する人が守らなければいけないルールが載っています。

これをキッチリ守らないとそもそも審査には通過できないので必ず読んでおいてください。

 

またウェブマスター向けガイドラインにも従っている必要があるので、こちらも読んでおいてください。

僕の時は動画の存在を知らなかったので完全にキッチリ読むしかないので頑張って目を通しましたが僕は僕のサイトに訪れてくれた貴方に得をしてほしいのでアドセンスについての公式動画も準備しました。

 

ですがさっくりやってはいけないことを以下の項目にまとめておきます

  1. ・自分で自分のアドセンス広告をクリックしないこと。(自分でクリック数を稼がない)
  2. ・アドセンス広告のクリック誘導をしないこと。(表示されている広告への誘導)
  3. ・アドセンス広告と見分けがつかないデザインやレイアウトにしないこと。(広告そっくりにバナーを作ったりしない)
  4. ・アドセンス広告の近くに他の似ている広告を置かないこと。(他の広告と同時に配置しない)
  5. ・コンテンツガイドラインで禁止されているコンテンツについて書かないこと。(セクシャルなものや過激な事件などを扱わない)
  6. ・広告の表記は『広告』か『スポンサーリンク(英語可)』のみにすること。(誘導文を書かないってことですね)
  7. ・広告コードの改変はせずにブログのみに貼り付けること。(与えられた広告を改造したらいけません)
  8. ・プライバシーポリシーを記載すること。(サイトに小さく表記してあるあれです、私はGoogleアドセンスを使っている表記ですね。)

しかし禁止コンテンツもバッチリ存在します、今から禁止コンテンツについては次の項目で解説しますね。

禁止コンテンツについて

禁止コンテンツが載っているブログはアドセンスを貼ることができません。もし違反していたら審査にも合格することはできないので、気をつけてください。

コンテンツ ポリシーで禁止されているコンテンツ一覧

  1. ポルノ、アダルト、成人向けのコンテンツ(ここ最近は水着写真くらいの露出でも成人向け、セクシャル判定になるみたいです。僕も過去のサイトで男性柔道選手のムキムキの上半身が見える画像が成人向け扱いされました。)
  2. 暴力的なコンテンツ(事件や痛ましい事をメインにしてはいけない)
  3. 自分自身または他者を脅したり、危害を加えるよう促したりしているコンテンツ
  4. 個人または個人で構成される集団を中傷、威嚇、攻撃しているコンテンツ
  5. 人種、民族、宗教、障害、年齢、国籍、従軍経験、性的指向、性別、性同一性など、組織的な人種差別や疎外に結び付く特性に基づいて、個人または集団の排斥を促し、差別を助長し、誹謗しているコンテンツ
  6. 過度に下品な言葉使い
  7. ハッキングやクラッキングに関するコンテンツ
  8. 望ましくないソフトウェアのポリシーに違反するソフトウェアや他のコンテンツ
  9. 不正なソフトウェアやアドウェア
  10. 違法な薬物や麻薬関連製品に関するコンテンツ
  11. 絶滅危惧種から作られた製品を宣伝、販売、広告するコンテンツ
  12. ビールやアルコール度の高い酒類の販売
  13. タバコやタバコ関連商品の販売
  14. 処方箋医薬品の販売
  15. 武器および兵器や弾薬(銃火器、銃火器のパーツ、戦闘用ナイフ、スタンガンなど)の販売
  16. 授業や講義の課題や提出物の販売、配布
  17. ユーザーに報酬を提供して、広告や商品のクリック、検索、複数ウェブサイトの閲覧、メールの閲覧を促すプログラムに関するコンテンツ
  18. その他の違法なコンテンツ、不正行為を助長するコンテンツ、他者の法的権利を侵害するコンテンツ

引用元:Googleアドセンスプログラムポリシー

+僕の補強

アダルト関係のコンテンツ

危険な行為を促すものや他人への中傷的なコンテンツ

危険ドラッグおよび薬物に関連したコンテンツ

アルコール(お酒)に関連したコンテンツ

タバコに関連したコンテンツ

ヘルスケアに関連したコンテンツ

ハッキング、クラッキングに関連したコンテンツ

報酬プログラムを提供するページ

不適切な表示に関連したコンテンツ

暴力的なコンテンツ

武器および兵器に関連したコンテンツ

不正行為を助長するコンテンツ

違法なコンテンツ

引用元:禁止コンテンツ

初心者の内はあまりよくわからないかもしれませんけれどこの辺りはGoogleのルールですので禁止コンテンツに該当するような記事は書かないようにしましょう。

そうしないと審査に合格できないので

特に気をつけないといけないのは

「セクシャルなもの、お酒にたばこ、暴力関係や薬」です。

僕の失敗例も書きましたが画像関係はおそらくAI判定なのかかなり判定基準がガバガバで男性ボディビルダーの上半身画像でもセンシティブ扱いされることもしばしばあります。

ただし上記の禁止コンテンツについての記事を書いたら必ず違反になるわけではなく、ブログの書き方や魅せ方によっては大丈夫な場合もあります。

もしも例えを書くなら

「僕はこの観光場所で○○のホテル(旅館)に泊まり友人たちと共に○○という珍しい日本酒を飲みました」

のように「お酒」をメインに扱わない記事ならば大丈夫なことも多いです。

GoogleのAIによる自動判別も噂されているため、単体のキーワードがあるだけでも落とされる可能性があるため、リスクを減らすためにも合格するまでは危険なキーワードはいれないほうが無難ですね。

もしどうしてもわからない、不安と言う場合はメルマガ受講生ならば必ずお答えしますので僕を使っていただいて結構です。

小難しい話は無しでどうアドセンスブログを作れば合格するの?

グーグルアドセンスにはルールや規約がめちゃくちゃあるのでうんざりするかもしれませんがこれらを守らないとユーザーが価値を感じるブログは作れません。

Googleはユーザーにとって価値のある、意味があって役に立つコンテンツ

更に独自性のある、書いている人の顔が見えるような特徴のある記事だけを検索エンジンに載せたいという目的があります。

 

今の時代オリジナルで自分の体験をメインユーザーが読んで「この記事のおかげで悩みが解決できました!」とか「この記事ものすごく役に立った!」、「この記事のおかげで事前に色々知ることができた!」

そう思われるようなブログにしなければいけません。

 

グーグルアドセンス広告サービスなので広告スポンサーがいるからこそ成り立っていますよね。

スポンサーをしている企業の立場から考えれば広告を貼る価値のないブログにお金払ってまで広告を置く必要ある?

それどころか広告配置しているサイトが反社会的だったりするとものすごく困るわけです。

というか損と不都合しかないですよね。なのであなたがスポンサーだった場合どんなブログに広告置きたいか

企業的にどんなブログに広告を出したいか考えておくと自ずと価値があるサイトがどんなものか想像できると思います。

 

そうなると個人的な日記みたいなものでは企業的に広告を出したいかと言えますよね。

アドセンスを通すのにもあたってグーグルアドセンス審査が広告出して良し!と考えられるものがいいですよね。

 

そして基本的には下記の2つの要素を含んだブログ、今までの項目を含んだものがグーグルアドセンス審査では受かりやすいです。

サクッとまとめると

・需要と価値のあるブログ(人の役に立つ)
・あなたの顔が見えるオリジナルブログ(定型文ばかりではない)

 

次の項目ではどんなブログを作ればいいのか、という部分も解説していきますね。

需要と価値あるブログ

価値を感じる記事

需要のある記事

これについては色々なサイトに書かれています。

しかし詳しく説明しているサイトでも具体的にどんなことを書けばいいのか書いている記事は少ないですよね。

なので僕が今から解説します。

「需要も価値もあるユーザーにとって良記事(サイト)」

とは・・・。

例を出していきます。

僕が東京に住んでいるとして大阪へ旅行したいとします。(実際は栃木に住んでるとかそういう突っ込みはなしで(笑))

僕は雑誌や大阪のHP検索、事前の運行情報を自分で調べますが全く知らない土地なので「どこのお店がおいしいのか」「旅行する目的以外の観光場所」を全く知らない。

だから「どうせ行くなら色々知っておきたい」そう思った僕はGoogleで検索します。

こんな感じですね。

そうして僕は大阪旅行へ行くための旅費、ツアーで紹介されるような場所の情報を手に入れ

僕は完全に満足し自分が目的とする旅行場所の大まかの費用、時間、行動範囲が決まり予定が固まりました。

これが有益な情報が書かれたブログということになります。

サクッと言うと回覧したユーザーがその記事を読んで

今抱えている悩みや疑問を解消したり、役に立った!と思わせる記事のことです。

また例を出すと

  1. インターネットの回線が不調なときの対処法
  2. 携帯のメモリーが圧迫されたときに要領を確保する方法
  3. 突如自分のサイトが真っ白になってしまった時の対処法
  4. 自分の変化のない毎日の食生活を見直すことができる一人暮らしでもできる料理レシピ

悩んでいる人達に需要のある内容の記事を書いていくのが理想。

 

そもそも人が検索を使うのは「何か困っていることが発生した」からですよね。

また僕みたいに暇つぶしでブログを見る人とかもいますが中身がないスカスカなものでは暇つぶしにならないのでしっかりとしたコンテンツじゃなければ読まれません。

 

だからこそ、訪問者が読みやすいなー、この文ならわかりやすいなといった

検索者のことを思いやることが大事です。

検索者が中身を見てモリモリ情報の山だと思ってくれて尚且つわかりやすい、もっと見たいとなれば最高ですね。

 

例えば先ほどの旅行関係の記事を書くとしても

  • 自分が目的地に着くまでの距離
  • 何回乗り換えがあるのか
  • 目的地に着くまでの時間
  • 移動費用
  • 宿泊施設の場所や費用
  • 観光名所の場所
  • 限定公開の場合は公開期間
  • 実際に行ったことがある人の評価

これから実際に旅行したい人に向けて書く

【検索者の視点になって考える

そういう姿勢ですね。

「あなた」が作るオリジナルブログ

記事を書くとき情報0から作るのは難しいので他のブログや僕が記事にしている情報サイトを参考にすると思います。

しかし他のブログの情報を工夫せずに載せると記事がありきたりだったり硬すぎてなんだか特徴のない記事になってしまいます

特にそのままコピペはGoogleの手動制裁に引っかかって検索順位がガタ落ちしちゃうので意味がないです。

ニュースの丸パクリとかTwitterの流行ったものをまとめてるものをそのままコピペもいい例です。

自分自身の意見をキッチリ入れて他のサイトと同じにならないようにするのが重要です。

同じ文言だと企業がやってるような使いまわしの量産型記事にしかなりませんからね。

でも塩梅がわからないうちはまるで日記みたいになりがちなので役に立つ情報との関連性をきちんと上げていくことを目指しましょう。

グーグルアドセンス審査について気になること【Q&A】

ブログのジャンルは?ブログは何個まで?

ブログ始めるときに一番悩むのはジャンルだと思うんですが僕は割と何でもいいと思っています、特に自分が書きやすいジャンルなら筆も乗るし知識があるならしっかりとユーザーに価値を与えられる記事が書けるので。

繰り返しますがブログは大前提として価値のある記事を書けないといけないのでウケるジャンルでも気乗りしない、筆が乗らない方がなかなかきついですからね。

一応パッと思いつく限りのジャンルを書いておきますね。

ゲームアプリ、PS4のソフトの情報

子育て体験談

アニメや映画の感想と情報

音楽イベントのライヴイベント情報

季節のイベント情報

温泉情報

クリスマス、花見、バレンタインの情報

携帯電話の機能拡張、最新モデルの情報

芸能関係特化

地域密着型、飲食店情報

スポーツ自転車

基本的にどんなジャンルでもアドセンス審査を通ることは可能ですが

やはり重要なのは、読み手のとっての価値があるのかどうかですね。

 

濃ければ濃い程価値が高まるのでジャンルどうこうよりかはこちらの方が重要だと思います。

 

あとサイト1つに共存するジャンルの数

これはそんなに関係はないのかな、と思っています。

理由は後述していきます。

記事の文字数はどのくらい?

文字数は可能であれば2000文字以上、初心者の場合は1500を頑張って目指してほしいです。

読み手にしっかりと価値を与える記事を書く、有益な情報を伝えようと

「読み手にとって得になる、自分が読み手になった時にどこまで載っていれば嬉しいか」

これを考えて書けば案外1500文字は余裕でいきます。

文字数は大いに超したことはないです。

「が、文字数に気を取られてたくさん書けばいいんだろ!」

みたいなやり方で書いても、中身がスカスカで情報が伴っていなければ不合格になる可能性もあります。

記事は何記事くらい書けばいいの?

これも何記事書けば絶対に大丈夫!

・・・残念ながらそんな基準はありません。

しかし僕の師匠が造ったサイトは5記事で審査通過したり僕が1番最初に作った有料サイトだと15記事くらいだったり仲間内だと30記事かかる人も居たりとまちまち

昨日仲間内のリアルイベントがあったので行ってきたんですが他の人に教えている立場の人にも話を聞きましたが5記事くらいでも行けることが多いそうです。

実はこれ実際のアドセンスブログ同様1記事の文字数も関係してくるので2000字、3000字をオリジナル文でキッチリ書いておけば初心者でも10記事程度でも全然合格範囲内だと僕は思っています。

記事の更新頻度は?

更新頻度、つまり新しい記事の追加速度ですね。

ここも決まりはありませんが審査を行う準備、審査中はできれば毎日1記事が望ましいです。

何故かと言うと1日2つは初心者には難しいのと1記事ずつ入れていたのに急に1日に10記事ほど入れたりするとかなり不自然なので更新頻度は落とさず上げ過ぎず続けるのが重要です。

ありていに言ってしまえばGoogleからしたら価値のある情報を発信しつつ更新頻度の高いサイトが自身のビジネスパートナーとして求められているわけです。

記事タイトルは適当でもいい?

記事タイトルはしっかりとキーワードも意識して付けてください。

よく審査のブログだからといって『今日は映画を見てきたよ!』とか『スタバの新作うまし!』みたいに適当にタイトルを付ける人がいますが、そんなタイトルだと誰も見ませんよ。

まず何のことについて書いた記事なのかがわかるように具体的にタイトルを設定し、キーワードもしっかりと入れるようにしましょう。

あと煽るようなタイトルもよくないですね。『長岡花火2018の日程はいつ?見所と混雑具合は?穴場は?』みたいな。

Googleはタイトルもしっかりと見ているので、『あ~、また良くある量産型パクリニューストレンドブログか』って思われたらアウトなので、しっかりとタイトルも確認しましょう。

見出しはなくてもいい?

見出しはこの項目にもついている

例項目

例項目

この欄の事ですね

(見出しとは<h2>ここに文字</h2>とか<h3>ここに文字</h3>で設定できます)

見出しがある方が記事が読みやすいでのでユーザーにとって読みやすい記事を意識することがサイトの価値が上がる1つの要素なので必ず設定しておきましょう。

ワードプレスの投稿画面でも設定できます。


また、クローラーにも見出しがあることを認識させることができるので必ず見出しは付けましょう。

基本的には2か3を軸にして記事を作っていくのがいいですね。

画像や動画の使用はどうなの??

画像と動画はどんな記事でも最善は自身で撮ったもの、キャプチャしたものですね。

ただ自分では撮れないものの場合権利関係で色々言われないように検索した時に出てきた画像や動画は大手のニュースサイトとからは取らないようにしましょう。

キッチリ権利関係のロゴが入っているものの使用などは普通にアウトですからね。

動画や画像が違法でアップされたものの場合信用度も下がってしまいますのでリサーチを怠らないようにしましょう。

 

他のサイトのリンクは貼る必要ある??

外部リンク(他のサイトのリンク)を貼る場合単純な話そちらにアクセスが流れてしまうこともあるので引用でもしない限りはあまり配置はしたくないですね。

また貼ったはいいけどそのサイトが違法コンテンツを扱っていた場合巻き添えでGoogleからの制裁を受ける場合もあります。

なので初心者の方はそのあたりの塩梅がわからないことも多いでしょうから配置しない方向でいいでしょう。

自分の他記事を内部リンクとして記事の中に配置しておくのはOKですね。

扱う項目(カテゴリー)はどれくらい??

扱うカテゴリーは多い方がいい、少ない方がいいと好みで分かれますが

サイト全体で3~4つくらいがサイトが汚くならない、綺麗に収まる感じですね。

それ以上増やすとサイトジャンルがとっ散らかってしまうので僕個人の方針なら初心者の方は2つくらいに絞ると後々ジャンルのまとめをできる能力が付くので楽ができるかなーと思います。

デザインと記事の項目配置はこだわらなくてもいい?

サイトデザイン、記事の配置などはこだわっておくとユーザーが記事を見たときに好感を得られやすいです

simplicityであればサイトデザイン、文字の装飾、画像で説明を入れる

これらは綺麗に行うことができるのであとは文章が変なところで改行されていたり区切られていて見づらくならないようになるとGoogleにも認められやすいですね。

自分のサイトの運営者情報は必要?

運営者情報、あなたのプロフィールは必す書いておきましょう

サイト管理をしている自分はなにものなのか、何故ブログを運営しようと思ったのか

自分の趣味・特技・好きな物とか人としてどんな人なのかうっすらわかるようにしておきましょう。

僕もそうですが特化しているブログ、芸能人のブログを見てみるとしっかり

自分は誰で、どんなことをしていて何ができるのか、何が好きなのか

この辺りが書いてあるので参考にするのがいいですね。

アドセンス審査合格のの道筋

  1. ・無料ブログでは申請自体不可能なのでワードプレスで作る。
  2. ・Googleのルールに引っかかるのでアダルト、薬物、暴力、アルコール、たばこなどがメインになる記事は書かない。
  3. ・基本的に検索者の視点になって記事を書くこと、端折った情報も読者は欲しいことあるので情報0の人が見て嬉しい記事が望ましい
  4. ・文字数は基本的に1500文字以上を目指し記事数をオリジナルな内容で固める(オリジナルな記事なら5記事でも受かる可能性があるため)
  5. ・タイトルや見出しは手抜きせず内容を連想させやすいように付ける。
  6. ・画像や動画はできるなら自分で、そうでない場合はクリーンな場所から引用すること。
  7. ・サイト内カテゴリーは綺麗に見せるため3~4つくらい。
  8. ・アクセス数は関係ないので少なくても申請に出して良い。

それでもグーグルアドセンス審査に合格できないあなたへ

この記事の内容は正直言って最低限と言ったところを押さえています、これでもまだ駄目だという場合は僕のメルマガを受講してみて僕が造ったコンテンツと合わせてこの記事に書いてあることを実践してみてください。

メルマガ受講生ならブログ構成に関する質問なら受け答えしていますので。

完全0、ガチ初心者から始めた僕がトライ&エラーを繰り返し初心者が詰まるところを動画付きで解説していくものになります、もし興味があるなら手に取ってみてください。

Pocket

当サイト訪問者様には下記バナーからメルマガ登録を行うことで今なら

「どこにも就職できない」

と言われた僕がPC1台だけで家から出ずに月収20万を達成した道のりをマニュアル化した、ぐぅたらものマニュアル(動画30本超)をメルマガと一緒に無料プレゼント中!

今なら↑マニュアル僕の講義メルマガ↓を同時にGET!