ゆるゆる稼いで生きる「ぐぅたらいふ」
「無意味な人生」と就職面接官に笑われた僕が自身の月収を超えた月23万円をPC一台で稼ぎ出し自由を手にしたブログ 僕が今までの経験をもとに作り上げ、現在44人が実践中の月収10万円講座は↓から手に取ってみてください。
人生

今すぐ会社を辞める前に考えておく2つの事

Pocket

「今すぐ会社を辞めたい!」

そう思った瞬間はありませんか?

今回は僕が会社を辞めて「知らなかった」せいで後悔したこと

その経験から「今すぐ会社を辞める前に考えておく2つの事」を書いていきます。

会社を辞める

今すぐ会社を辞めてしまうこと自体は悪くはありません。

今働いているところが全てすべてではない、数多くの会社がこの国には存在しています。

ブラック企業、ストレスで体調悪化、パワハラ、差別、職場の環境が悪いとかなら特に尽くす必要もありませんしね。

僕自身はブラック企業から離脱してその後どこにも雇ってもらえなかったしむしろ面接でボロボロにされるだけだったので自分でビジネスしてるんですけどね。

それに働き方自体も今は個人寄り、個人事業主とかフリーランスが多くなってきている印象です。

ただし!

やめた後のことは考えておくべきです。

特に貯蓄だけの話ではなく法律のお話です。

僕は知らなかったせいですごく損をしました。

辞めた後のことその1

辞めた後のことを考えておきべき、ここで知っているかどうかでもらえるお金や後々面倒にならないようにしっかり見ていってください。

まず

会社に返却するもの

備品は当然なので省きます、支給された社員バッチ・名刺とか制服やパソコン、携帯電話とかがそうですね。

ーーー健康保険証ーーー

会社にいる間、つまり退職日まで使えるのが保険証ですが退職したら返却しなくてはなりません。

もしも病院とかで退職日を過ぎた段階で使うと医療費は健康保険によって3割負担のところが全額負担になるわけです。

ここで返還した後今度は「国民健康保険への加入手続き」が必要になります。

退職日の翌日から14日以内なので知らない人はスルーしてしまうこともあります、しかも

「前職の会社を退職した証拠」

「前の会社から健康保険の資格喪失連絡票等の発行を受け提出」

がいります、僕は資格喪失連絡票等の発行を中々してもらえなくてめっちゃ困りました、早めに催促しましょう。

ーーー具体的に受け取るものーーー

雇用保険被保険者証

離職票

健康保険資格喪失証明書

年金手帳

特に離職票、源泉徴収票は昔の会社がどんなに嫌で名前も見たくないところでもゴミ箱に捨てちゃダメです!

失業給付の基本手当とか給付日数、金額に大きくかかわってきます!

せめて「これだけ」は考えておこう!

今すぐ会社を辞めるのは知識が伴っていないとヤバいです。

こういうところを学校で教えてくれよ!!

そう思うくらいやること多いです。

なので、「辞めた後のこと」は知っておくと損をしません。

会社を辞める前に

  1. 【役所】国民健康保険加入時の保険料を確認
  2. 【会社】任意継続時の保険料を確認
  3. 健康保険の検討(任意継続または切り替え)
  4. 【役所】国民健康保険に切り替える場合、加入申請を行う
  5. 【役所】(確定拠出年金の一時金請求をする場合)住民票の入手

「パッと見じゃわかんねぇ!」

ホントわかります、こんなん急にやれって言われたって混乱するだけですよね。

でもやることは会社の方で「辞めるときどうしたらいいか」結局相談することになります、この段階で反応が薄い会社は扱いが雑ってことなので自分で確認を促す必要があります。

最悪今は退職者と会社の間に入って退職手続きを行う業者があるのでそちらを頼りにしてもいいかもしれません。

また役所への手続きはわからない場合は直に聞きに行きましょう、何をすべきかより明確化されます。

そして会社を辞めたらすぐハローワーク、ではなく

  1. 【役所】保険・年金関係の手続きを行う
    ・国民健康保険の加入申請
    ・国民健康保険料の減免申請
    ・国民年金の加入申請
    ・国民年金保険料の免除申請
  2. 【ハローワーク】雇用保険関係の手続きを行う

順番が大切で最初に役所での手続きを済ませておかないと

離職票を渡すことになるので【役所】での申請ができなくなります。

なかなか「転職先」が決まらなかったりすると無職になるわけですがその間もらえるお金の金額や貰える期間に影響しなおかつ保険関係まで何もできなくなります、罠かよ。

決断をするのは計画的にやらないと本当に危険

今回は、『今すぐ会社を辞める前に考えておく2つの事』をテーマにお話をしました。

今のご時世働き方は本当に増えましたがそれを周知すること、そしてやめたあとのこととかについて指導も線引きもないので転職を焦ったりたくさん見落として損をすることがあります。

なので今すぐ辞めたい!

そう思ったらまずはやめた後どんな動きをすべきなのかしっかりと対策を行いましょう。

法律は知っている人の味方みたいなので。。。

ちなみにこの記事を書いた僕はめちゃくちゃ痛い目に合った後です、本当に学校で教えてくれ。。。

Pocket

当サイト訪問者様には下記バナーからメルマガ登録を行うことで今なら

「どこにも就職できない」

と言われた僕がPC1台だけで家から出ずに月収20万を達成した道のりをマニュアル化した、ぐぅたらものマニュアル(動画30本超)をメルマガと一緒に無料プレゼント中!

今なら↑マニュアル僕の講義メルマガ↓を同時にGET!