ゆるゆる稼いで生きる「ぐぅたらいふ」
「無意味な人生」と就職面接官に笑われた僕が自身の月収を超えた月23万円をPC一台で稼ぎ出し自由を手にしたブログ 僕が今までの経験をもとに作り上げ、現在44人が実践中の月収10万円講座は↓から手に取ってみてください。
マインド

仕事の給料が低賃金(少ない)シンプルな3つの理由

Pocket

こんにちは、コーイチです。

 

「成果は上げたはずなのに給料が少ない・・・。」

「残業もしたのにこれっぽっち・・・。」

「基本給料が全然上がらない」

「ボーナスすら出ない」

 

こんな経験はありませんか?

 

私自身も勤め人時代に経験し

「何故なんだ?」

そう思い続けていました。

 

そして今その理由がシンプル過ぎることに気が付き

記事を作成しました。

 

仕事の給料が少ない

ここ数年で新卒就職率はぐんぐん上がり

 

文化科学省の発表では

平成29年度

-就職内定率の概要-
大学(学部)は86.0%(前年同期比1.0ポイント増)
短期大学は75.4%(同2.8ポイント増)
大学等(大学、短期大学、高等専門学校)全体では85.6%(同1.1ポイント増)
大学等に専修学校(専門課程)を含めると83.9%(同0.9ポイント増)

 

厚生労働省の調査内容

2018年2月で

● 大学(学部)は91.2%(前年同期比0.6ポイント増)
● 短期大学は89.9%(同1.4ポイント増)
● 大学等(大学、短期大学、高等専門学校)全体では91.6%(同0.7ポイント増)
● 大学等に専修学校(専門課程)を含めると91.0%(同0.8ポイント増)

 

と就職率はかなりの上場

 

でも職種によっては

「給料が手取り13万くらいしかない・・・。」

そんな事態になっている声が度々聞こえます。

有名な画像だと

「手取り12万」の画像検索結果

この画像の他にも手取り15万とでも検索すれば悲鳴が多く聞こえてきます。

自動車整備士

介護やプログラムエンジニア

過酷な工事肉体労働

仕事はどれもこれも「誰でもできる」わけではない

それなのに給料は上がらないどころか国や保険に支払うお金で消えていく

どうして?

 

低賃金であるシンプルな3つの理由

まずここで言っておきたいのは

「給料が低いのは決してアナタのせいではない」

あなたはあなた自身を責めないでください

 

では3つの理由を見ていきましょう

 

①ブラック企業の在り方

この労働大国日本では自己責任論とイカレた労働信仰が強く根付いた結果

違法企業(ブラック企業)が生まれ無限に社員からピンハネする体制が確立しました。

これによってスキルがあろうとまるで給料は上がらない。

儲けがあっても社員には還元しない。

嫌ならやめろ

地獄のような雇用体制ですが多くの日本人は高校大学と出ても就職する以外の道を取る人が少ないため毎年新しい新入社員を獲得し経営側はウハウハ状態。

 

 

 

②現代の奴隷売買人

終身雇用と年功序列の崩壊、非正規雇用の増加で

使い倒す戦略をとる会社もよく見られます。

俗にいう「派遣会社」ですね。

「派遣会社 日本 数」の画像検索結果

こちらもブラック企業とは違う形のピンハネ

優秀な人材を紹介して紹介手数料を貰う形です。

 

派遣会社の数はアメリカのおよそ5倍
事業所数は2.6倍

そしてその中身は派遣した人が働いている間

「永続的な搾取を行う」

もし1年間丸々働いても1年間月の給料から毎月ピンハネします。

 

ホリエモンこと堀江 貴文氏はこれを「現代の奴隷制」と語っています。

ちなみに海外の場合は1度だけ紹介料をもらって終わり

どこでこんなに差がついたのやら

 

そして多くの正常な企業は①と②のせいでかなりのダメージを受けています。

延々搾取して労働させてるわけですからね、元々支払うべき報酬を天引きした結果利益の出方にもろに差が出るのは当たり前です。

 

酷い話ですよ・・・。

 

③職種自体が儲かっていない

小中高校の先生や保育士

介護士

需要の少ない製品の生産工場

例に挙げたのは1部ですが

この要素は大きいです、おかしいくらいに

 

介護士に至っては苦労と給料の見合わなさは報道までされていますが見直される気配はなく安いまま・・・

何故ならスキルや熟練度など関係なく

「職種としてのくくり」

で「この程度で十分」と判断されてしまっているからです。

 

そして時代の移り変わりで過剰なサービスを給料は据え置きで求められる

完全に割に合いません。

 

工場なら大した給料ももらってないのに

最低限の品質の素材の最低消費で高品質な美品を作っておけ

なーんて無茶ぶりされるのと同じです。

 

こんな感じに今の企業は

「いかにピンハネするか」

そんなものに命を懸けるような体制になってしまっています。

 

なので今後はいかに企業側に

「個人としての魅力を発信し売り出せるか」

が重要になってくると思っています。

 

そして発信力のある人間になるためには

工場作業員時代の私のような働いて酒飲んで寝て

どこにも行けない

「ただ生きている」

だけの人間のままではいけないと思い発信しています。

 

もしも挑戦してみよう、今このときから

動いてみよう。

そう思うことができたのなら

あなたは成功へのキッカケを掴んでいます。

 

後はそこに至るまでの地図です。

何から始めたらいいのかわからない、そう思うのであれば

私が過去の自分に「こんなものがあればよかった」と思えるような情報集を作成していますのでお役立てください。

そしてもし縁があれば私で良ければ共に古い時代を切り抜けていきたいとも思っております。

入手は文の下から無料となっています。

Pocket

当サイト訪問者様には下記バナーからメルマガ登録を行うことで今なら

「どこにも就職できない」

と言われた僕がPC1台だけで家から出ずに月収20万を達成した道のりをマニュアル化した、ぐぅたらものマニュアル(動画30本超)をメルマガと一緒に無料プレゼント中!

今なら↑マニュアル僕の講義メルマガ↓を同時にGET!