ゆるゆる稼いで生きる「ぐぅたらいふ」
「無意味な人生」と就職面接官に笑われた僕が自身の月収を超えた月23万円をPC一台で稼ぎ出し自由を手にしたブログ 僕が今までの経験をもとに作り上げ、現在44人が実践中の月収10万円講座は↓から手に取ってみてください。
ゲーム

デモンエクスマキナのアウター(傭兵と正規軍)の世界観考察

Pocket

どうも、koitiです。

今回も前回もデモンエクスマキナの記事で平日だろうとお構いなしに家にいる時間を活用して考察しています。(自分のブログで稼ぐことで生まれる余裕がここまでとは思わなかった・・・。)

で、今回は

デモンエクスマキナのアウター(傭兵と正規軍)の世界観考察

をしていきます。

こうやって自分の考えを発信することは「いや違うだろう、こうだろう」という反応もありますが僕から見た世界だけではなく他の方の意見も大変参考になります。

ゲーム好きであればあるほど表現として発表することでこういった暇を作り出すことができますよ、もし僕の生活が気になる方は↓のURLから飛んでみてください。

もし僕のこのブログや無料メール講座でPC1台で自由になるために頑張りたい人はぜひ早くそうなれるように一緒にやっていきましょう!ちなみに無料メール講座を受けてない人はこちらから受講できますのでよければどうぞ。

コチラ→https://koitiafi.net/LP/guutaramono/

僕の今までとか生活が気になる方はプロフィールをどうぞ

→コチラhttps://koitiafi.net/4-2

デモンエクスマキナのアウター(傭兵と正規軍)の違い

まず結論から言うとデモンエクスマキナの世界ではアウター共同体正規兵傭兵がいます。

この事実は本編のオファーオーダー ランクC  新型アーセナル鹵獲作戦にてアーセナルに乗った「スカイユニオンの警備兵」がいることからまず間違いありません。

また裏付けとしてジョニー・Gの公式キャラクター紹介があります。

めっちゃ重要なこと凄いたくさん書いてあります。

バレットワークス上等兵。

生まれついてのアウター

スカイユニオンの高官である年の離れた兄を持ち、兄に反発してスカイユニオン正規軍へ入った。

しかし自分のミスで戦友を死なせてしまい、薬物依存に陥っていたところを准将に拾われ、バレットワークスの一員となった。面倒くさがり屋で、できるだけ敵の戦力を削いでから戦いたいというのが本音であり、アーセナルに妨害系の装備を積むことを好む。

 

ジョニー・Gのプロフィールからもアウターは正規軍にもいる」ということがわかります。

それによって嶄-ZEN-、スカイユニオン、ホライゾンの3つの共同体(ネイション)のうちスカイユニオンのみが正規軍アウターを抱えていることはあり得ないことになります。

ここでありえないと断言できるのは共同体(ネイション)の均衡を保つオービタルが1つの共同体(ネイション)のみにアウターを抱えさせるのは新型アーセナル鹵獲作戦Ⅱでのフォーの発言から不自然さが残るためです。

しかも疑問になってくるのは新型アーセナル鹵獲作戦にてアーセナルに乗った「スカイユニオンの警備兵」あまりにも弱い。

新型アーセナル鹵獲作戦では累計三機のスカイユニオンの警備兵が出てきますが・・・スカイユニオンの新型であるレディアントグリームを強奪し武器腕になっている左腕のショットガンを1発当てるだけで4分の1が消し飛びます。

以下警備兵の機体構成

警備兵1

頭:オサフネ

胴体:ロングソード

右腕:レギオン

左腕:ロングソード

脚:ゴリアテ

警備兵2

頭:ロングソード

胴体:レギオン

右腕:レギオン

左腕:ゴリアテ

脚:レギオン

警備兵3

頭:レギオン

胴体:ゴリアテ

右腕:ゴリアテ

左腕:レギオン

脚:レギオン

調べんのクッソ大変でした、暗くて見えないしなかなかあおむけに倒れてくれないし。

そんな事は置いておいて量産型だからと言うにもアーセナルを動かせる人材は希少のハズなのにあまりに貧弱、おまけに動きもその辺のストライより悪くしょっちゅう棒立ちしています。

以前の記事でも一応アウターでなくともアーセナルを動かすことができるという設定はあることがわかっています。

もしこれが共同体(ネイション)のアウターの平均レベルであるならその辺のストライどころかAIの大群にも敗北が決定的になりますよね。(事実物語後半で壊滅レベルまで追い込まれる)

そしてここも納得の理由があります。

アウター(傭兵と正規軍)と世界観

最初に結論を書くと

デモンエクスマキナの世界ではオーヴァルリンク内の若人以外がほとんど亡くなっている。

本編で語られる情報もいくらか入れます。

アウターそのものに数の限りがある、操縦できる奴はもっと貴重。

アウターの発生はジョニー・Gの説明文から28年前より前なのが確定。

本編にてデヴァより語られる昔話と真実でアーセナルは20年前にはある程度普及している、共同体はアウターも確保し既に傭兵旅団が存在している。

そしてフェムト粒子の毒で大人がかなりの数亡くなった、つまり適応できなかった人々が死んでしまったことで正規軍自体も疲弊したと見れます。

なので経験も少ない連中ばかりなのにイモータルの猛攻は止まらず保有アウターはどんどん死んでいく、そのため使いやすいレギオンやロングソードベースの機体を使いうのがやっとというところなんです。

しかも現在進行形なので戦車や飛行タイプの敵も無人なのも単にアウターでない人はフェムト粒子が濃い場所では生きられない。

そのためAIが主戦力で人が乗った兵器がほとんどいないわけなんですね。

何故なら直接戦闘する前にフェムト粒子の毒で死んでしまうから。

この記事の中で触れている「生身でも一応アーセナルに乗れる」けど改造手術等はしていない人はフェムト粒子の毒で死んでしまう。

ナイトのように肉体改造や薬で半ば人間やめかけないといけないことまで考えると戦闘員の数はぐっと少なくなります。

また軍出身者の多いバレットワークスのキャラクター紹介から見るに共同体は人間の戦力自体は保有しているようですが本編ではほとんど見ないことから重要局面では傭兵を使わないといけないほどにアウターの数に余裕がない。

つまり我々が生きている現実では職人や知識のある方が後継者がいなくて苦しんでますがデモンエクスマキナの世界は逆、フェムト粒子に対応した若い人々以外が死んでしまい経験者がごっそりいなくなった世界。

そしてエンディングを迎えた先はそれがオーヴァルリンクを超えて世界へ解き放たれるということになるわけです。

また判断材料が少ない状態でデモンエクスマキナの考察を行いましたがまだ仕事していたらくたくたすぎて考えることすら放棄していたのでこうやって考察ができるのは本当に嬉しいです。

今のこの環境を手に入れることができて本当に良かったと思います、もし僕のことが気になる方は↓の僕のプロフィールや無料メール講座を見てみてください。

もし僕のこのブログや無料メール講座でPC1台で自由になるために頑張りたい人はぜひ早くそうなれるように一緒にやっていきましょう!ちなみに無料メール講座を受けてない人はこちらから受講できますのでよければどうぞ。

コチラ→https://koitiafi.net/LP/guutaramono/

僕の今までとか生活が気になる方はプロフィールをどうぞ

→コチラhttps://koitiafi.net/4-2

Pocket

当サイト訪問者様には下記バナーからメルマガ登録を行うことで今なら

「どこにも就職できない」

と言われた僕がPC1台だけで家から出ずに月収20万を達成した道のりをマニュアル化した、ぐぅたらものマニュアル(動画30本超)をメルマガと一緒に無料プレゼント中!

今なら↑マニュアル僕の講義メルマガ↓を同時にGET!